患者様の声

北九州市門司区 事務職 肩のこり長時間座った後腰が痛い「血が流れていくのが施術中に感じられます!!」

アンケート画像1

 

いつも体の悪い部分を見つけて、痛みをなくしていただき、体がいつも楽になって帰っていきます。この前は便秘だったのですがツボを色々と押してくださった後、翌日にはスッキリしました。足のリンパの流れをよくしてもらったのですが、血が流れていくのが施術中に感じられてすごい嬉しかったです!!血流も良くしてもらってすごいうれしかったです。


院長より) こちらの患者様は、たまたま当院の前を取った時に気になって来院されました。長時間のデスクワークにより、背中腰、そして椅子にずっと触れている骨盤などに緊張が強くなり、上半身が支えづらくなり結果肩のこりと痛みになっておりました。それらを一つ一つ整えていくことにより、痛みとコリは解消されていきました。また調整した場所に股関節があり、股関節はリンパや神経、血管の大事な通り道になっています。股関節の調整はそれだけで冷え性や便秘のような問題の解消になります。

小さなころから座る時間の長くなりがちな現代人は、特に骨盤や椅子や床に触れているお尻の筋肉に大変な負担をかけ続けています。その問題を解消してあげるだけでもかなり楽になる事ができます。

当院はこういったお悩みの解消はとても得意としています。またどのような姿勢にすれば肩こりが減る姿勢なのかも得意としています。

お気軽にご相談ください。

 

 

いずみヶ丘整骨院

福岡県北九州市門司区別院8-5第2泉ヶ丘ビル1F

駐車場2台あり

093-372-0123


 

北九州市門司区 脊柱管狭窄症手術後の痺れと痛み「希望を与えて下さったことに心から感謝致しております」 82歳女性


アンケート画像2

 

2年前脊柱管狭窄症の手術を受け、その後遺症か烈しい痺れに苦しみ、生活意欲さえも失うような状態でした。ふとしたご縁でこちらで受診。先生の丁寧な治療と骨格、筋肉、血流等、種々の説明が本当に有難く、心地よく、神の手すら感じて居ります。痺れは一進一退ですが、もう一度元気を出して生きる努力をしてみようと思い始めています。希望を与えて下さった事に心から感謝致して居ります。

院長より) こちらの患者様は脊柱管狭窄症の診断を受け、手術を受けたものの痺れ痛みは減らずに困り果てて当院に来院されました。各種検査を行いましたがお尻の筋肉と血流の問題が強く背骨の問題よりもはっきりとしておりました。様々なお薬も服用されており、内臓の疲労も強い状態でした。このような状態は少しづつ働きかけた方が確実に症状は改善します。

残念ながら医師の診断による「脊柱管狭窄症」というのは、背骨の中に起こってしまった変形で、手技ではどうやっても変化しません。しかし手技により起こる症状は変化すること。そして手術をしても痛みが減らないなら、脊柱管狭窄症以外の部分を見直す事をした方が良いという事お話しいたしました。

そこを納得して通院してくださいました。結果痛みも痺れも随分と改善致しました。神の手は良くわかりませんが、しっかりとお身体に向き合った結果とR.S様がこちらの説明をきちんと受け止められた事により、一歩ずつ良い結果へと向かう事が出来ました。R.S様、ありがとうございます。

このように脊柱管狭窄症という診断の出た背骨の変形自体は変化しませんが、ご自身の感じられる症状自体は変化することができます。それにより日々を過ごすことに活力が湧き、またそこからご自身の回復力が引き出されることは十分にあります。当院はそうやって患者様と向き合うことに力を入れております。

 

いずみヶ丘整骨院

福岡県北九州市門司区別院8-5第2泉ヶ丘ビル1F
駐車場2台あり

093-372-0123